2010年06月16日

愛犬、すき間に頭挟まりSOS…消防署員が救出(読売新聞)

 高松市香川町の民家で9日午後4時半頃、飼われているマルチーズとヨークシャーテリアの雑種の雄(8か月、体長約40センチ)が門柱と庭石(直径約60センチ)のすき間約15センチに首を突っ込み、抜け出せなくなった。

 飼い主の女性が119番し、高松南消防署香川分署員3人が出動。門の扉を外して準備を整えると、バールで石を動かし、周囲の土を掘り起こすなどして25分ほどで救出に成功した。

 “自由の身”となり、勢いよく庭を走り回る愛犬を見つめ、女性は「死んでしまうのではと不安だった。元気いっぱいなのはいいのだが、もう少し落ち着きを持ってくれたら……」と気をもんでいる。

「首相、先の展開読まず」安易な連立合意あだに(読売新聞)
信頼回復による再出発…所信表明全文<1>(読売新聞)
ボーナス使い道、貯金21万円が最多 買い物予算は7・7万円(産経新聞)
小林議員辞職で仙谷氏「一線を越えてはいけない」(産経新聞)
大阪湾でワニガメ捕獲…大雨で流される?(読売新聞)
posted by ミツハシ トシカズ at 12:00| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。